バツマルのパチスロ&メイポ日記

最近、ほとんどリア日記になっています。 タイトルがパチスロ&メイポ日記なのにほとんど書きません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 


( ´ ▽` )ノ どうもぉ!



今まで更新してませんでしたけど気分を入れ替えて更新していきましょう~。


 



私もなんとかリアで卒業式も終えました。
まぁ、卒業式わあっというまに終わったというか。笑
みんなと合えなくなるのも寂しいけど、新しい道もあるので頑張らなきゃと思っています。


 



その卒業式の前日の日、私わ恩師と言える?先生が卒業おめでとうと学校に来ました。
去年学校を辞めた、先生がですよ。


朝、来て見るとその先生わ1年のときの同じクラスの生徒達と2年生の時の同じ生徒に粗品を配っていました。



学校を辞めたのに卒業式の前の日にくる先生わおそらくこの先生だけでしょうね・・・。


私わ2年間同じクラスだったのでクラスの人が着まして、先生からと 粗品を渡されて先生がいることに気づきました。



そして、友達の話を聞いていると職員室にいると聞きました。




私わ一言『ありがとう』と言いたい気持ちを胸に秘めて職員室に向かいました。


すると他の同じクラスの人がいた。
なつかしい~みたいな感じで喋ってました。


私も懐かしいと思って少し職員室で待っていても終わらない感じがしました。
とてもありがとうみたいなことを言える感じじゃありませんでした・・・。



まぁ、ガラでもないことなので少し待ったけど話が終わりそうにも無いので


 


そっと職員室をさりました。


 


 


 


 


 


 


・・・・・・


 


 


 


 


 





喋りかけて『ありがとう』と言えませんでした・・・。





 


 



その先生も俺の事わ気づいたのかわかりませんが、私わその一言がいえませんでした。




昔の私わ学校へ行くのがメンドくさくなって週1~2くらいのペースで休んで
週1で学校わ午後から遅刻して行くと言う生活でした。


親にわ遅刻していくと学校に行ったふりをして
実はそのままパチスロ屋とか遊びに行ったりも結構していました。


その休むたんびに先生わ毎日電話を掛けてきました。


 


 


私が休むにたびに・・・・・



しかし、

その先生わこんないっぱい学校を休む私に毎日疑いもせずに電話をしました。


風邪と嘘を言って休んだ俺に対して微塵も疑わずに風邪わ大丈夫?などと言っていました。
そのたびに私わ少し心が痛みました。



親にわ、学校に行ったフリをしてじつわ遊んでたいたみたいなことをしていました。




こんな事をしていたので家に電話が掛かってくると
おやに学校を行ってないのをばれてしまいます。
ですので、家の電話の回線を抜いたりして家に電話が来ないようにしていました。


 


 


 



しかし、そんな事をしたある日


 


 


 



親などが家の電話をしようとしたらしく電話回線が抜いているのがばれました。
私がやっていることわ知らないので普通に回線をつないだのだと思います。

そうして私が家に帰ってくつろいでいると電話が家に掛かってきて親が出てしまい学校に行ってないのがばれてしまいました。


その時に私わ先生に言いました・・・。



「てヵ、もお家に電話掛けてくんなよ!
 他のクラスの担任とか家に電話なんてかけなねぇぞ!
 あんたが電話してもなんも意味ねえじゃん。!」



私も休む度に電話を掛けられてきていたので嫌気がさしてきたのです。


すると先生わ電話越しに泣いているのがわかりました・・・・。




 


 


 


・・・。


 


 


 


 


 


こういうことがありましたので私も少し反省をしてそこそこ学校に行くようになりました。



あいかわらず週1くらいわ休むのですが
安全な教科の日の時だけみたいな休み方にしました。


その電話以降私わ学校をさぼって遊ぶのわ辞めました。
家にいることにしました。


そして、徐々に出席日数も増やして単位が取れるくらいまで出席をしました。

後の問題わテストです。
出席していないので点数が悪いと留年になるかなぁと思っていました・・・。

そして、テストの日わ前の席の友達が私の苦手な数学などのテストを見せてくれました。;
こんなにいい奴のいる学校をやめたら失礼だなと思いました。


私わそれからMyペースですが学校に行くようになりました。



この1年生~2年生わ簡単に上がれますが、2~3年生の間わとても厳しいです。
1年~2年生の時の倍以上の人が学校を去っていきます。



初めわ200ちょいいた人数も卒業時にわ170人くらいになっていました。
誰がやめたかなどわあんまりわからないんですがね。笑
いつのまにかひとクラス分の人が学校を去っています。



タブンそのほとんどが2年~3年生からの間にやめているとおもいます。


まぁ、私のクラスで夏休みに悲しい事故が起きてしまいました。


 


 


 


そして


 


 


 


 


 


正月を空けて、学校に行くと先生のアイサツなどありますよね?
その時に先生わ突然泣き出しました。


突然泣き出すので、みんなわ笑っています。
私もこの時になんで泣いてるんだみたいな感じに思っていました。
たかだか正月明けのアイサツじゃねぇかみたいに・・・


そして、春になり進学が絶望的かと思っていましたら
なんと補修とかも無しで3年生に昇格しました。



他の危ない奴もなんとか進学していました。
他のクラスの人わ上がれない人もかなりいました。

疑問に思っていると違う教科の先生から教えてもらいました。




 


先生B「おう、お前担任の先生が頼み込むからなんとか課題だけにしといてあげたぞ
     ちゃんと、お礼言っとけよ」




そうして、私わ先生にお礼をしに行った。



すると先生わ俺に秘密?をはなしました。
なんと来年わ先生でわ無くて違う仕事をやるみたいな感じなのです。
言ってみれば、高校をクビにされた?
みたいな感じです。

夏休みに悲しい事故が起こってしまいしょうがないことだと悟りました。

このコトわ2学期中に決まったらしくて、みんなに言えなかったらしいです。


そうして、振り返ってみると正月に泣いた理由などよくわかりました。
これで、私らに会うのもあと少しみたいな気持ちだったんでしょうね。


そうして、あっけなくその先生わ去りました。





 


 


そして


 





 


こんど変わった新しい担任わ休んでも電話わしないし
早退すると言ったらなにも言わずに返してくれるような人でした。


 


 


 


 


 


・・・・・


 


 


 


 


居なくなってその先生の大切さがわかりました。
私に泣いてまで叱ってくれたその先生の優しさが身にしみてきました。




なんであの時あんな事を言ったんだろう・・・


見たいな後悔などもありました。




そうして、卒業式の前日その先生が学校に来ました。


私わ進路が決まった事や今まで言えなかったありがとう見たいな話を伝えたかったんです。

進路を決められたのも絶対にこの先生のお陰です。



そして、職員室にいると聞き職員室に言ってみるとその先生わ居ました。




 


しかし





 


他の人となにやら喋っていて私が喋るような感じにわなりませんでした。

元々がらじゃないので・・・




 


 


そうして






 


 


そっと職員室を後にしました。





 


 


 


「ありがとう」






 


 


という言葉を伝えられませんでした。


 




 


そうして、私の脳裏にわ学校をさぼった事がばれて泣いてまで私を説教していたことなどが浮かびました。



 


 


思わず涙が出そうになりました。


 


 


卒業式の前日の普通の日なのにね・・・・


 


 


 


私わこんな簡単な一言を伝えられるずに終わっていました。


 


 


あえて、言うならばこの3年間で思い残した事わこの一言だったような気がします。




 


みなさんも自分を叱ってくれるという事わ
怒られていると同時に自分を見捨てないで変わってほしいからという相手の願いも感じましょう
そこで、うざいとか思っていると本当に大切ななにかを無くしてしまうと思います。



よく言われるのが叱られたくなったりしたら終わりだよ見たいな事わ本当だと思います。


叱るほうの気持ちなども考えて見ましょう・・・。


本当にそいつのことなんて
どうでもいいと思ったら怒ったりしないでほっとけばいいんですから・・・・
そうすれば自分わ無駄な体力を使ったりしないですむのですからね・・。


なので、叱られる内わ幸せだと思います。



この時期わ別れの時期だと思います。
皆さんも悔いが残らないように「別れてください」


伝えたい思いを伝えずにいるのわ後悔といものをしますので・・・・



これを読んでくれた皆さんわ後悔などをしていますか?


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。